NEWS

インフルエンサーのシェアリングエコノミーPATRONがICOプレラウンドで10億円を調達 | BITDAYS(ビットデイズ) - 仮想通貨・ブロックチェーンメディア

アメリカの企業、EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC.が手がけるインフルエンサーのシェアリングエコノミー「PATRON/パトロン」がICOプレラウンドで10億円を調達したことがわかりました。 PATRON/パトロンの今後の展開は? 以下、EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC.プレスリリースより引用 EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC. (本社:米国:代表:久積篤史)が手がける国外市場をターゲットとした仮想通貨による資金調達 PATRON ICOのプレセールプロセスにおいて約10億円分のデジタルトークンが完売しましたのでお知らせいたします。 国外向けに行なわれている世界中のインフルエンサーをシェアリングエコノミーPATRON/パトロン ICO は、プレラウンドで約10億円の資金調達に成功いたしましたのでお知らせいたします。 PATRON/パトロンとは? 公式サイト: ホワイトペーパー: パトロンウォレット: 世界中のインフルエンサーやフォロワーが、ネットや携帯やタブレットでインフルエンサーのシェアエコノミー情報を掲載・発見・予約することがオンラインで可能です。 PATRONとは、インフルエンサーのシェアリングエコノミー(modeling : Airbnb)です。 ブロックチェーン技術を活用してインフルエンサーの価値をトークン化。PATRONプラットフォーム上でパトロンコインが取り扱われるようになります。 インフルエンサーのSNSの配信枠をスポットで一度だけシェア 数ヶ月間 専属のオフィシャルアンバサダーとしてサブスクリプションシェア お気に入りのインフルエンサーを年独占契約型で買収し、自社に迎え入れる など様々な用途から取引が行えます。取引にはPATRONが発行するCOIN「PAT」、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)などが使えます。

BITDAYS(ビットデイズ) - 仮想通貨を楽しく学べるメディア。

PATRON-ICOの顧問にマネーの虎・南原氏など豪華メンバーが公式アンバサダーへ | BITDAYS(ビットデイズ) - 新しい経済にワクワクしよう。(仮想通貨・ブロックチェーンメディア)

アメリカのEXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC.(エクストラバガンザインターナショナル社)は、PATRON(パトロン)ICOの公式アンバサダーとしてイーサリアム中国の共同設立者Sam Lee(サム・リー)氏と実業家の南原竜樹氏を迎えたと発表しました。 PATRON(パトロン)は顧問メンバーが豪華 仮想通貨による資金調達「ICO」を展開するPATRON-ICOは、ICOプレセールにて、4.5億円の資金調達を突破しています。ドバイの投資家グループやインドの投資家からも大きな評価を獲得しているようです。 PATRON(パトロン)は、今回は発表があったSam Lee(サム・リー)氏や南原竜樹氏以外にも、顧問メンバーが豪華ということで話題になっていました。 IOTA創業チームの中心人物David A. Cohen氏 やCoinTelegraphの共同設立者であるToni Lane Casserly氏がPATRONの創業時顧問へ就任しています。 PATRON-ICOの公式サイトはコチラ Sam Lee(サム・リー)氏について サム・リー氏は、中国イーサリアム社の共同設立者であり、経験豊富な暗号通貨の投資家と言われています。 2002年、VISAと中国銀行とのVISA SMS決済サービスを開始、2003年には初のモバイルE-ウォレットをリリースしました。TMETセクターで20年以上の経験を持ち、2012年、世界で初めての4GプレミアムVODサービスを含む、アジア各地のさまざまなデジタルサービスとE-ビジネスの商業化の功績を持っています。 数々のビッグICOプロジェクトのアドバイザーとしてサポートしてきた経験を生かし、テクノロジーや技術に関する助言を行っていくとしています。 南原竜樹氏について 南原竜樹氏は、テレビ番組「マネーの虎」に出演し、「冷徹な虎」として日本で圧倒的な知名度を誇る実業家です。2005年3月英国MGローバー社の経営破綻の影響により多額の借金を背負いましたが、完済し見事復活を遂げました。現在は、LUFTホールディングスグループを率い、レンタカー、レストラン、メディカル、パブリッシング等幅広い事業を展開しています。 【主なTV出演番組】 マネーの虎 月曜から夜ふかし しくじり先生 【著書】 『痛快!クルマ屋で行こう。』(双葉社)

BITDAYS(ビットデイズ) - 仮想通貨を楽しく学べるメディア。

INFLUENCER JAPAN

How Much is MEDIA?あなたのメディアを買い取りますあなたSNSを査定しSNSの1投稿1配信枠を20万円以上で年契約し、マイクロインフルエンサーのSNSメディアを買い取ります。 Model/Issui Maeda(2017AW Dolce&Gabbana)日本人インフルエンサーの認証登録 ▶︎ Influencer Japan へ認定掲載当サイトにご登録いただくことによって、実在する日本人インフルエンサーの可否 を確認し、認証します。 続いて審査基準をクリアされれば日本のインフルエンサーとして認定され、インフルエンサージャパンに掲載されます。 ◾︎インフルエンサージャパン とは. 国外向けに(英語,台湾語,中国語表記)日本のインフルエンサーを認証して掲載し紹介するサイト。(スマートフォンアプリ順次リリース) Object / 目的 効果の薄いスポットのPR依頼などではなくて、経済大国である日本市場に対してPRしたいと考えている海外の企業やブランド向けに、どうせなら日本のインフルエンサーのSNSメディアを「年間契約型買収(M&A)」手段を用いて高額買収し、自社の広告塔として中長期間おさえてしまいたいと考えている海外企業と日本人インフルエンサーの移籍トレード交渉の入口。巨額年俸契約の実現を可能とする場。 当社は日本人スタッフで形成されたアメリカ合衆国の企業です※インフルエンサーとは. それぞれに存在するSNS上で、特定の分野や特定のジャンル毎に影響力の在る人物のこと。影響力の在る人物とは多くの消費者に購買意欲を与えたり、大きな影響を与えて実際に人を動かすことのできる人物を指す※マイクロインフルエンサーとは. インフルエンサーには及ばないが、マイクロインフルエンサーがインターネットで呼びかけることによって、多くの人々に情報を周知させることのできる人物のことを指す. またマイクロインフルエンサーが複数人束なるとインフルエンサー同様の効果を発揮させることができるあなたのSNSを45秒で金額査定します▶︎ インフルエンサーの価値を見出しますComing Soon...インフルエンサーとは特定集団の中で影響力のある人物を指します。YouTube、ニコニコ動画などのプラットフォームの他

influencerjapan.us

▷ 久積篤史 独占取材 Interview by CYZO


▷ Lim インフルエンサー にインタビュー記事が掲載



▶︎Fan




▶︎久積篤史公式 の LINE MAGAZIN  

(現代版 無料メルマガ)

▶︎アフィリエイトセンター

     NEWリリース


▶︎Lim インフルエンサー事業に参画

 公式インフルエンサーに招待されました



▶︎大規模フェス   THE  DREAM WORLD 2016  

▶︎加盟団体

▶︎公式BLOG

▶︎ LIVE 番組

▶︎久積篤史YouTubeチャンネル

久積篤史 Instagram

hisatsumi

Founder_CEO of EXTRAVAGANZA #PATRON #ICO " PresSale $10million"

投稿2.04K件フォロワー120K人52人をフォロー中

Instagram

久積篤史 公式twitter

久積 篤史 プロフィール - Wantedly

EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC. Founder, CEO&CMO 久積 篤史 | Atsushi Hisatsumi 米国法人 Founder, CEO&CMO (2017.2~ ) 株式会社Influencer 代表取締役 (2015.10 ~ 2017.3) 1984年生まれ。ソーシャルメディア起業家の草分け的存在で、歌手デビューや国内外で活動するユニットのDJ兼プロ デューサーとしても成功をおさめたことで、今でこそ"元祖インフルエンサー"と称されるようになったが、与沢翼らとともに“ネオヒルズ族”の一員として脚光を浴びてきたのも事実。 2013年8月にシングル「永久の夢」でアーティストデビュー。ユニットMICRO CELEBでは、デビュー 前からYAHOO!ニュースなどで話題となる。 2014年12月には、FACEBOOKのみを使って台湾台北グランドハイアットでの講演に現地人を満員御礼で集客を成功させ、台湾のテレビや香港のYAHOOニュースでも取り上げられる。 2015年10月には、米国YAHOOニュース、ロイター、モーニングスター、マーケットウォッチ含む計142のニュースにて「東京版ビバリーヒルズに居住するDJ、和製パリス・ヒルトンが来米」と全米で話題となった。 ※背景 私は2013年頃から日本国内でInfluencer marketingについて提唱し、そしてInfluencerといった価値存在を広げてきました。 ※インタビュー記事をご覧ください  → http://www.cyzo.com/2016/12/post_30721_entry.html 「インフルエンサーを通じて次世代サービスを創造し、   全世界の人々に成功できるチャンスと平等な機会を与える」 これは我々の理念ですが、私たち日本人であったって、FacebookやGoogleといった大企業と同じ舞台に挑み、同じ舞台で戦うことができるのだということを世界に示したい、と本気で願い今この瞬間を突っ走っているところです。 そして私は過去5年間に渡り、インフルエンサーやソーシャルメディアを用いたマーケティングスキル、すなわち「集客する力」と「売る力」を、充分に蓄積してきました。 それに加えて現在は、「より良いIT製品を創る力」を蓄

www.wantedly.com